« 家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ②」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難①」 »

2010年8月23日 (月)

家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ③」

横にビデオカメラをセットし、手にはカメラを持ち、カメラマンはトランクスを脱いだ。

そこにはそそり立った太い肉棒があった。

うつろな目をした聡子は、後ろから衣装担当の男に乳房と乳首を執拗に愛撫されたまま、さらに脚を広げ、次なる行為を待っていた。

カメラマンは聡子の蜜壺に、パンパンになったカリの部分だけを挿入した。

「っああ・・・入り口の締まり、いいねぇ」

カメラマンはそう言いながら結合部をカメラにおさめた。

パシャ!パシャ!

「う・・ン・・・」

聡子も小さくあえぐ。

「じゃあ俺は上の口でしてもらおうか」

衣装担当の男が聡子の口元に自分の肉棒を押し付けた。

いつの間にかトランクスを脱いでいたのだ。

「うぅぐぐぅ・・・」

太くて長い肉棒は、聡子の口には大きすぎたが、それでも受け入れる。

カメラマンは、さらに蜜壺の奥に入り込む。

「すごいよ・・・俺のチ○コに絡みつくよ・・・。ああ・・」

そう言いながら、カメラマンはゆっくりと聡子の身体を堪能し始める。

ちゅぱ・・ちゅちゅちゅ・・・ちゅぽ・・

聡子は蜜壺を支配されながらも、上の口での奉仕も忘れなかった。

「その舌使い、すごいよ。どこで覚えたんだ・・・。」

男は聡子のテクニックに驚きながらつぶやく。

聡子の乳房は、蜜壺を突かれる反動で、プルプルと揺れていた。

「あっ・・・すげー・・・俺もうイキそうだ・・・」

衣装担当の男の絶頂が近づいてきた。

「うっ、出る・・・」

男は聡子の口から肉棒を引き抜くと、聡子の顔に肉棒から放出される白い液体をかける。
頬から口元へとねっとりした液体が流れる。

聡子の蜜壺を堪能していたカメラマンは、その聡子の顔を見ながら、

「こっちもそろそろイカせてもらうよ」

と、腰の動きを早めていく。

聡子の淫靡に揺れる乳房を揉みしだき、蜜壺を激しく攻める。

「はぅっあああ・・・いい・・」

自由になった聡子の口からアエギ声が漏れた。

聡子にも絶頂のときがやってきた。

カメラマンが蜜壺を攻めるたびに、聡子のクリトリスが刺激され、
カメラマンの肉棒の先が、聡子の蜜壺の中のザラついた部分を刺激していたからだ。

「あン・・・あああ・・・私も・・・イキそう・・・ン・・」

「・・・一緒に・・・ああ・・・」

カメラマンの動きが一段と速くなる・・・

「はンっあっあっああ・・・」

聡子が絶頂の声を上げた。

「あ・・オマ○コ・・すごい締まるよぉ・・・ああ・・うっ」

カメラマンが聡子の中で果てた。

聡子の身体から離れがたかったが、カメラマンはそっと肉棒を引き抜いた。

聡子の蜜壺から、白くねっとりした液体がドロッと流れ出た。

カメラマンはその様子をしっかりカメラにおさめた。

« 家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ②」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難①」 »

家出少女神待ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396056/36322574

この記事へのトラックバック一覧です: 家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ③」:

« 家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ②」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難①」 »