« 家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ③」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難②」 »

2010年8月24日 (火)

家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難①」

人妻でありながら敏腕刑事である理子は要人警護ということで、ある政治家の護衛に就くことになった。

テロリスト集団から脅迫されているらしい。

しかし、ある晩、わずかな隙をつかれ、政治家ともども拉致されてしまった。

縛られ、目隠しをされたまま、アジトに連れて行かれた理子と政治家、、、。

目隠しを外され、縄を解かれた理子。

眼前には黒覆面の男たち。

そして、手にした拳銃は、政治家に突きつけられている。

もちろん理子にも向けられている。

震えている政治家、、、。

「なあ、センセイよお、いいおんなを連れてるじゃネエか、、、あんたのおんなかい?」
リーダーらしい男の問いに、政治家も、理子も首を振る。

特に理子は力が入っていた。

「あ、あたしは警官よ、刑事なのよ!こんなことをしてタダで済むと思うの!」

声をあげる理子。

「おーおー、こわい、こわい、、。」

リーダーは首を竦めてみせた。

「ところで、、みんな!、このきれいなおんな刑事さんのハダカを見たくネエか?」

唐突に続けた。

「おおっ!!」全員が手を上げる。

どきり、とした理子がリーダーを睨むと、政治家まで小さく手を上げている。

リーダーと理子に見つかり、あわてて手を下ろした。

「という訳だ。脱いでもらおうか、、、おんなの刑事さん!」

リーダーは政治家のこめかみに銃口を押し付けた。

他の連中は理子に狙いをつけている。

震える政治家は、理子に手を合わせている。

『いま、他に選択肢はなさそう、、、ごめんなさい、、あなた、、、、、、。』

理子はぐっと唇を噛みしめ、目を閉じると、大きく頷いた。

愛する夫の顔が脳裏に浮かぶ。

それを振り払うように

大きな胸が盛り上げるスーツのボタンに指がかかると、

どこから出てきたのか、三脚にすえられた大型ビデオカメラや

デジタル一眼レフを構える男たち。

政治家までドサクサにまぎれて携帯電話をかざす。

しかし、リーダーに見つかり、取り上げられてしまう。

残念そうな政治家。

男たちを睨みながらスーツのジャケット、スカートと、一枚脱ぐたびに、

男たちが理子をはやし立てる。

ビデオがまわり、シャッター音の嵐が起きる。

純白のブラウスのボタンがひとつ外れるごとに白い胸元がのぞき

みな、ごくん!と唾を呑み込む。

ブラウスを脱ぎ捨て、上半身が、うすい水色のブラジャーだけになる。

カップからこぼれそうな白い乳房。

拍手と歓声が起きる。

残るペチコートがゆっくりと、豊満な下半身をすり抜け、足元に落ちる。

「おおっ!」

ブラジャーと、パンティーの2枚だけを残した、下着姿の理子に、

全員の股間が総立ちになっていた。

もちろん、政治家のモノも。

« 家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ③」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難②」 »

家出少女神待ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396056/36381490

この記事へのトラックバック一覧です: 家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難①」 :

« 家出少女 エブリエブリ「撮影レイプ③」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「人妻刑事の受難②」 »