« 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹②」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹④」 »

2010年9月20日 (月)

家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹③」

「ねえ、乳首がこんなに固くなってるよ。感じてるのかい?」

「ああ......お兄さん、すごく......いい......」

「胸だけで、こんなに感じちゃうのかい? のりこは、すごく敏感なんだね」

 のりこの乳首を唇ではさみ、舌先で転がしてみる。

のりこはからだをよじって声を上げ、あえかな溜息をもらしている。

「のりこちゃん......もっと、よくしてあげるよ」

「ん......お兄さん、もっと......もっと、いっぱいしてぇ」

俺は指に唾液をつけて、のりこの乳首をもてあそんでいる。

熱に浮かされたような目をして、彼はのりこにキスすると、
彼女の唇に舌をねじ込んだ。

のりこもうっとりとした表情で、俺をじっと見つめている。

舌と舌とが絡み合い、ふたりの唾液が混じり合って、唇のはじから流れていく。

右手でのりこの胸を愛撫しながら、左手を彼女の脚の間に伸ばしていった。

白いパンティに彼の指先が触れる。

すでにそこはしっとりと濡れていて、指を誘い込むようだった。

「のりこちゃん......もう、こんなに濡れてるよ」

「いや......はずかしいわ」

「いけない子だね......ぼくにさわられて、こんなに感じちゃったんだね」

「お兄さん......ねえもっと、もっといっぱい感じさせて......」

« 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹②」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹④」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396056/36897787

この記事へのトラックバック一覧です: 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹③」 :

« 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹②」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹④」 »