« 家出少女 エブリエブリ「初めての痴漢③」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹②」 »

2010年9月18日 (土)

家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹①」

単身赴任・・・。

会社で出世するためには必要なこととわかっていたが、
まさか妻が一緒に来てくれないとは意外だった。

さみしい独り暮らしがはじまる。

そんな時、歳の離れた従妹のりこが訪ねてきた。

「久しぶり。」

「大きくなったなぁ・・・」

のりこと会ったのは、3年ぶりのことだった。
小学生だったのりこは、すらっとした洗練された15歳に
成長していた。

「お兄さん、男の独り暮らしなんて初めてだから大変だろうって
 ママが言ってたわ。」

「いや、大丈夫だよ。コンビニも近くにあるし。何でも揃ってる。」

「さみしいんでしょ?たまには、私が元気づけにきてあげるわ」

「何を生意気言ってるんだ」

中身は茶目っ気のあるのりこ。
変わっていないようにも感じるが、正直大人になりかけの輝きに
ドキッとした。

「ちょっとおトイレ貸して」

「おーそっちだ。言って来い」

妻と離れてひと月。
こんなにしていないのは久しぶりのことだ。

(いけない・・・俺は何を考えているんだ)

もやっとした感覚をかき消す。

「ねぇ、おねがい......お兄さん......ゆるして......」

のりこの声がした。
振り返るとのりこは、突然ジーンズのスカートを脱いで、すとんと床に落とした。

「ちょ、ちょっと! きみ、何するんだよ。やめろよ!」

 そしてのりこは、ピンクのTシャツも脱いでしまうと、ブラジャーと
パンティだけの姿になってしまったのだった。
白いレースの、お揃いの可愛いブラとパンティだった。

俺はびっくりしてしまって、驚きに目を見はったまま、その場で
固まってしまった。

15歳の少女が自分の目の前で、下着だけをつけた姿で立っている。

頭がくらくらしてきて、何が起こっているのかわからなくなってしまった。

« 家出少女 エブリエブリ「初めての痴漢③」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹②」 »

家出少女神待ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1396056/36897754

この記事へのトラックバック一覧です: 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹①」 :

« 家出少女 エブリエブリ「初めての痴漢③」 | トップページ | 家出少女 エブリエブリ「15歳の従妹②」 »